Slackデジタルシフトを読んで、スラックの必要性を学んだ。

Chatworkを今までは使う機会が多かったが、最近はSlackの方が使う頻度が増えて来たので本書を購入。

Slackはエンジニア向けのチャットツールという印象があった。
しかし、絵文字などのコミュニケーション機能も充実しているので、幅広いユーザーが使用できる事を知った。

導入事例では近畿大学がSlackを使用しているのに驚いた。
ビジネスだけでなく、教育や大規模なグループでも使用できる汎用性があるのは素晴らしい。

チャットなどのコミュニケーションはSlack。
データのやり取りや共有は、グーグルのツールを使用すればデジタルシフトも乗り越えていけると実感できました。

まだSlackを使ったことが無い方や、新規メンバーの方にSlackの使い方を学ぶための教科書としてオススメしたい書籍でした。

この記事を書いた人

Aweb

価値あるWebコンテンツを私たちの世界に